› メイド喫茶 めいどりぃた | 金沢市竪町ベルセル3F › 第2章 初お給仕と、反省と。

2016年03月15日

第2章 初お給仕と、反省と。

«前回までのあらすじ»

時代が移り変わっても、まだ生き存えていたジオン軍。
その下っ端として活動する諜報員・せいらは、«KNZW»基地から«NGN»区域へと帰ろうと愛機・ザクⅡに乗り込むが、バッテリーが上がってしまい«KNZW»での滞在を余儀なくされる。
そして、新しいバッテリーを買い、愛機と共に«NGN»へ帰るため、めいどりぃたに押し掛け半ば無理矢理職を得たのだが――?
そして、この位の量でまとめられる設定をあんなに長々と書き連ねてしまったことへの反省と謝罪は――?
果たしてせいらの運命やいかに――!


――――――――――


«西暦»2016年3月9日。記念すべき、めいどりぃたでの初お給仕の日。
――という書き出しから、またしてもふざけた文章を書き連ねてしまう前に、まずは御礼申し上げたい。
当日ご帰宅くださったご主人様、 本当にご帰宅ありがとうございました......!(土下座)
開店から結構な時間が過ぎても誰もご帰宅なさらず、通りすがりの方々にお声を掛けてみるも別段かわいくもなけりゃおもしろくもない上にガッチガチに緊張した三十路...じゃない、永遠の18歳の呼び掛けに応えてくださる方はおらず、もしかしたらあの頭のオカシイブログも誰にも読んでもらえず、仮に読んでいただけたとしてもこんなゲテモノメイドがお給仕の日は誰もご帰宅したがらないのではないだろうか?などと考え、そうなったらあの時、一か八かでめいどりぃたへ押し掛けて、運よく手に職をつけることができたのはよかったものの、結果としてめいどりぃたへ迷惑を掛けただけに留まらず、目的である愛機のバッテリー代もろくに稼げず、結局愛機を置き去りにして北陸新幹線で«NGN»へ帰還しなければならないかもしれない、いやもしかしたら新幹線代すら稼げずに、鈍行で8時間掛けて帰還することになるかも、最悪鈍行代さえも稼げずに、どこかで凍えて行き倒れるしかないのかもしれない...!と持ち前のネガティブシンキングを遺憾なく発揮し、そうだ残るはジャパニーズハラキリで生まれてきたことを懺悔しながら神に詫びようと腹を括りかけていましたが、ご主人様がご帰宅してくださったおかげで、私の命は救われました。本当にありがとうございました。

そして初お給仕の内容はというと、またもや持ち前の緊張しいを遺憾なく発揮してしまい、本当に経験あるの?と疑ってしまうほどのぎこちなさでした...。
その緊張っぷりは、あれだけ練って仕込んだくだらない設定が全部脳みそから抜け落ちてしまうほど(苦笑)。本当に申し訳ございませんでした。
自分でもまさかあんなに緊張してしまうとは...と驚いておりました(驚いている場合ではありませんが)。
ただただ自分の不甲斐なさに愕然とし、次回はこのようなことがないように、ご帰宅してくださるご主人様・お嬢様にもっと楽しくくつろいでいただけるように、残り短い時間ですが精一杯精進する所存でございます。どうぞよろしくお願い致します。

ということで、次回のお給仕は明日・3月16日(水曜日)17:00からとなっております!
いつもは定休日の水曜日ですが、3月いっぱいは«水曜日よりの使者»こと、わたくし«せいら»が無理矢理担当させていただいております(笑)。

今回は、前回のブログとは打って変わりすぎて、もしかして別人なんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、別人なのか同一人物なのかはご自身の目でお確かめくださいませ(笑)。ご主人様・お嬢様の偵察を心よりお待ちしております!

そして、残るお給仕はあと3回です。
前回ご帰宅くださったご主人様!9日はありがとうございました!とっても楽しかったです!私が!(笑)
まだまだお話しし足りないので、またぜひともご帰宅してください!お待ちしております!
そして、このブログを読んでくださったまだ見ぬご主人様・お嬢様も、ぜひぜひご帰宅くださいませ!怖がらなくても大丈夫ですよ!(笑)心より、ご帰宅をお待ちしております!



初お給仕が終わった後、ずっといろいろなことを考えておりましたが、こうやってめいどりぃたでお給仕させていただけるのも何かの縁だと思います。
バッテリー代を稼ぐことも大切ですが、それ以上に、いろいろなご主人様・お嬢様とたくさんの時間を共有して、たくさん思い出を作りたいと思っています。
ぜひぜひ、めいどりぃたまでご帰宅くださいませ。
心の底から、皆々様のご帰宅をお待ちしております。


«水曜日よりの使者»せいら




Posted by めいどりぃた at 19:42│Comments(0)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。